店長日記

こうの花

Aloha🌺

今週のオアフは蒸し蒸ししていて夏が戻って来たようなお天気でした。気温はとても高いのですが、夜暗くなるのが段々と早くなって来ているのでハワイにも秋が近ずいて来ているみたいです。

一年を通して暖かいハワイですが、日の沈みや少しの気温の変化でみなさん季節を楽しんでいます。冬になるとローカルの女の子達はブーツを履いたりしてオシャレも楽しんでいますよ~。😁


さて、今週はあるお花を紹介します!

その名もKOU(コウ)。私は最近知ったお花です。

子供の時から一緒に日本でフラを踊っていたフラシスターがハワイで留学しながら、フラハラウに所属しているのですが彼女に教えて貰ったとても綺麗なお花です。


こちらがKOUの写真です🌼

IMG_5214.jpeg

小ぶりで手触りも柔らかく可愛らしいお花です。

そんなKOUが気になって調べてみました!


コウはとても育てやすく、便利な木なので昔からポリネシアの島々で大切にされていました。ポリネシアの人々がハワイにタネを持って来てハワイにコウが広められたと言われていたそうですが、2001年にカウアイ島でとても古いコウの木が発見され、ハワイの固有植物として認められたそうです。


とても扱いやすい木で、削ってお皿やカヌーなどにして使われていたそうです。子供が産まれるといつか子供が使えるようにとお庭にコウの木を植えたりもしていました。葉の色も茶色なので、カパ(樹皮の加工品)を茶色に染める時などにも使用されていたそうです。


お花もとても綺麗なので今でもハワイの人々はレイにして使用していますが、言い伝えがありオアフのエヴァ地区の人たちはコウのお花を身につけないそうです。

私も調べてビックリするストーリーでした。😯


昔エヴァの地区の酋長の娘が、あるアンティがしていたコウのレイをみて譲ってくれないか頼んだそうです。そのアンティはアッサリ断ったそうですが、少女は諦められず何度もしつこく頼んだそうです。アンティはそれに怒ってしまいサメを呼んで少女を海に連れ込みさせてサメの餌にしてしまったそうです。それからエヴァの地区ではコウのレイをしなくなってしまったそうです。🌊🌊🌊

怖いストーリーですが、しつこく譲って欲しいと頼みたくなるくらい綺麗なお花と言う事ですね🌼✨


因みに、フラシスターに教えて貰ったのですが、使い終わったレイはゴミとして捨ててはいけないそうです。とても神聖な物なのでレイは必ず自然に戻す様にしないといけないそうです。海に戻したり、山に戻したり。

色々教えて貰ってとても勉強になった週でした。💕

皆様にもこの場を借りてコウを紹介できて良かった。


皆様にとって素敵な週でありますように。


Mahalo,

Asumi 🌺

コメントする

名前

URL

コメント

新規会員登録

商品一覧

はじめまして

bluebirddress.com

 ”Blue Bird”へようこそ!!

ブルーバードで店長を務めますハワイ在住のAsumiです。

常夏の島ハワイ
どこまでも続く青い空と白い雲,

青い海と爽やかに流れる風,

いつも自然な笑顔の人々。

全てがメローで素敵なハワイ。

そんなハワイに魅了されたplus81costumeの

衣装製作の関わりから生まれた、フラダンス・タヒチアンのデザインオーダーショップが”Blue Bird”です。

Blue Birdはフラの本場ハワイで“ビッグウェーブ”という意味もあります。
大空を飛び回る青い鳥がつかんだビッグウェーブがブランドイメージです。

当店はご要望をお伺いしながら製作する、

オーダーメイドドレスを最も得意としています。

よろしくお願いいたします。
店長日記はこちら >>

人気ランキング

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

モバイルサイト

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ